介護士 将来性ない

介護辞めたい

介護職を辞めたい人に向けた記事と辞めてからどうするのかのブログです

介護士の将来性はないの?3つの角度からの検証

読了までの目安時間:約 8分

 

介護士で将来的には介護福祉士を取得し、さらにケアマネージャーになり、あわよくば理学療法士を取得し、どんどん昇進して給料アップを狙っているという方はいませんか?

 

 

残念ですがそれは全くの純然たる妄想以外の何物でもありません。

 

 

以下を読んでいただき、ぜひ現実を直視してください。

 

 

 

永年平社員確定??

8454030982_aba5b6d04d_z

 

 

昇進すると昇給するのは介護業界でも他の業種と同様です。

 

ですので昇進する機会があるならば昇給も望め、将来性はあると言えるでしょう。

 

では介護職での役職率はどれくらいなのでしょうか?

 

100人規模の施設の場合ですと、リーダーが10人、主任リーダーが3人、課長が1人、施設長が1人、以上です。

 

つまり、15%ということですね。

 

 

一般の企業と比較してみましょう。

 

 

日本労働組合総連合会の報告によると実に60%以上の方が何らかの役職についています。

 

圧倒的な差があることが分かると思います。

 

一応計算しておきますが、落ち込まないでくださいね。

 

 

介護職が役職につける確率は一般企業と比較すると“四分の一以下”です。

 

 

そのような激戦区の中リーダーになれたとしましょう。

 

昇給は5万円程度です。

 

しかも通常業務の他にリーダー業務が加わるのでサービス残業決定です。

 

5万円などは簡単に越してしまう残業時間になりますよ。

 

裏でバイトしていたほうがよっぽど稼げますね。

 

というわけで大体はずっと平社員で、運よくリーダーになれても逆に大変になってしまうという結果になります。

 

ですので介護士の中ではリーダーを断るケースも稀ではないんですよ。

 

少し目が覚めましたでしょうか?

 

 

ケアマネージャーはどうか??

ケアマネージャーは、5年の経験を積み、試験に合格すればなることができます。

 

都道府県による資格なので、国家資格ではないにしても、業務独占(その人しかできない仕事)なので有利そうです。

 

では平均年収はというと、367万円。

 

介護士と比べるとずいぶんいいお給料ですね。将来性もあるような印象を受けます。

 

ですが平成14年から減少傾向にあり、67万円も減ってしまっています。

 

今後も減少していくとしたら。。

 

考えたくないですね。

 

しかも試験は非常に難しく、合格率は年々低下傾向にあります。

 

平成10年度が44%であるのに対して、平成26年度ではなんと19%。

 

必死に寝る間も惜しんで勉強し、何度も受けて(試験は年に1回です)合格できるレベルです。

 

給料の先行きは不透明ですが、是非頑張ってみてください。

 

まだ夢の中でしょうか?

 

 

理学療法士はどうか??

介護士をしていると目指したくなる理学療法士(正確に言うと介護職ではなく医療職)ですが、まず給料を見てみましょう。

 

平均年収はなんと397万円!!

 

良い求人であれば400万円は貰えるでしょう。

 

ですが残念なことに働きながら理学療法士を取得することはかなり困難です。

 

というのも理学療法士の受験資格として養成校に3年以上通わなければいけないためです

 

通信教育は無いので諦めてください。

 

では夜学ではどうかということですが、4年間通わなければいけず、学費は安くても400万円はかかります。

 

夜勤はできないので、年収マイナス25万円程度。

 

四年間なのでマイナス100万円ですね。

 

つまりトータル500万円かかるということです。

 

それでも理学療法士を取得すれば、介護士の平均年収は309万円なので5年でペイできますね。

 

 

しかし、今から4年後おいくつですか?

 

 

例えば35歳の理学療法士なりたての新人さんを企業が欲しがるでしょうか?

 

当然新卒の若い理学療法士のほうがいいですよね。

 

しかも理学療法士は年々増え続けていますが、就職先である病院や施設は既に飽和状態ですよ。

 

というわけで理学療法士になれたとしても就職できるかどうかは分からないということですね。

 

そろそろ現実を見つめることができたでしょうか?

 

 

最後に「どの職種も結局は」

business-idea-680788_640

 

 

以上のように介護士として昇格することは困難であること。

 

ケアマネージャーは減給傾向でかつ取得が非常に難しいこと。

 

理学療法士においては就職すら保証がないことを説明してきました。

 

そのような厳しい業界ですが、一つ大事なことを言い忘れていました。

 

全業種の平均年収は442万円です。

 

どんなに頑張ろうが、必死に勉強しようが、なんとか就職できようが、介護業界にいる限り平均年収に届かないんですね。

 

ですが起業して社長になれば別です。

 

非常に儲かる業界ですので。

 

しかし起業できるくらいの知識やマネジメント能力があるならば他の業種に転職したほうがよほど利口ではないでしょうか?

 

 

 

 

辞めたい理由   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: