介護 3K

介護辞めたい

介護職を辞めたい人に向けた記事と辞めてからどうするのかのブログです

介護は3K!その詳細を大暴露!

読了までの目安時間:約 8分

 

「きつい」「汚い」「給料安い」で有名な介護職です。

 

いわゆる3Kと呼ばれるもの。

 

 

ではどれだけ「きつい」のでしょうか?

 

ではどれだけ「汚い」のでしょうか?

 

ではどれだけ「給料安い」のでしょうか?

 

 

紹介させていただきます。

 

 

重量挙げ並み??「きつい」肉体労働

teamwork-642633_640

 

 

言わずともがな介護の仕事はとても重労働です。

 

一番きつい場面といえば移乗でしょうか。

 

つまり車椅子とベッドの間を人を抱えて移すという行為ですね。

 

これが非常に大変です。

 

足の筋力がある方の移乗はまだ楽な方なのですが、すでに立位が取れないとなるとほぼ全体重を支えなければいけません。

 

場面別に紹介してみましょう。

 

例えば入浴介助の際には、そのような方は特別浴を使用します。

 

通常は二人で移乗するとされているのですが、忙しい最中なかなか二人も人を割くことは出来ず、結局は一人で移乗します。

 

全身が拘縮している方ですとこれが意外に楽なのですが(持ちやすいので)、麻痺のある方などは全筋力をもってして当たらなければいけません。

 

麻痺により介助者の肩につかまることも出来ないので、腕、肩、背中、特に腰、足といった部分がきしんできます。

 

しかも上半身は裸なので、滑りやすく、筋力を使う上とても危険です。

 

トイレ介助の際にはさらに辛さが増してきます。

 

1人が抱え上げ、1人がズボンやオムツの上げ下ろしをするわけですが、上げ下ろしの手際が悪いと1分以上抱え続けることさえあります。

 

立ちオムツという手法をご存知でしょうか?

 

リハビリパンツではなく、オムツを立ったままはめるという手法です。

 

まず背中の中心にくるようにオムツを当て、パットをはみ出さないように入れ、前の部分を隙間が無いようにしっかり当て、4つのテープで固定します。

 

その間ずっと抱えているわけですから辛くて当たり前ですね。。

 

そのような行為を日常的に行わなければいけないのですから、介護者の体のほうが先に壊れてしまうでしょう。

 

 

恒常的に「汚い」

介護職は尿や便、嘔吐物の始末をしなければいけないので汚いと思われていますが、実は真の汚さはその恒常性にあります。

 

つまりはいつでも汚いということなのですが、どうしてかお分かりになりますでしょうか?

 

 

それはトイレの直後に入居者様も介護者も手を洗わないからです。

 

 

入浴は週に2回程度なので、当然陰部は汚くなり、かゆみが出てくるので、トイレに座った際によく掻いたりされます。

 

そのままの手で手すりや介助者の腕や背中を触るので汚れが付いてしまいます。

 

そして介助者も、手袋を使うとはいえ、陰部やオムツ、パットを触った手で入居者様を触り、トイレのドアを開け閉めします。

 

このようにして、トイレを出た後に手を洗ったとしても、毎回着替え、トイレ中を消毒でもしない限りは汚れは残るわけです。

 

1ケア1手洗いなどという標語がありますが、それだけでは全く足りないんですね。

 

百歩譲って垢だけならいいとしましょう。

 

ですが尿であったり、便であったり、見えないレベルではありますが当然付着します。

 

そのまま仕事を続けるのですから施設中が汚れているということです。

 

ノロウイルスへの感染や食中毒も簡単に起こるわけですね。

 

 

介護職で感染の恐怖。病気を恐れ辞めたい理由3選!

 

圧倒的「給料安い」

a0002_006864

 

 

 

何度か書きましたが介護職の給料は非常に安いです。

 

 

介護士の給料はなぜこうも安い!その3つの根拠を大暴露!

 

ケアマネの給料が安いと言われる2つの要因

 

 

 

夜勤などという辛い仕事をしなければいけない上に安いのですから、早く辞めたほうがいいですよ。

 

ということで今回は大卒の場合の初任給についてみてみましょう。

 

平均の大卒者の初任給は19.8万円です。

 

それに比較して大体ではありますが、介護職では18万円くらいです。

 

大きな開きがありますね。

 

しかも介護職は昇給額も低いのでお話になりません。

 

ではなぜ皆んな介護職を辞めないのでしょうか。

 

 

それは他の職種の状況を知らず、介護業界しか知らないためです。

 

 

年収では平均442万円で介護職では309万円。

 

生涯賃金では平均2億円で介護職では1億3000万円。

 

この数字を見たら、最初から教えてもらえていたら、介護職など始めませんよね。

 

ですが一度介護業界に入ってしまった方は周りを見ることをせず、手取り16万円で喜んでしまうわけです。

 

そして2年くらいして落ち着いてきた時にようやく自分の置かれている現状を知ることになるのです。

 

お金で幸せは買えないかもしれませんが、お金が無ければまずその土台である生活ができませんよ。

 

 

④最後に「おなじ2Kでも」

glass-ball-624819_640

 

 

きつい、汚いはまだ我慢できるかもしれませんね。

 

ですが給料安いは我慢などという次元の話ではありません。

 

同じくきつい、汚いで有名なゴミ収集車の仕事はいくらもらえるかご存知ですか?

 

 

なんと手取りで25万円も貰えるそうですよ。

 

 

夜勤も残業もないのにです。

 

3K業界など早々に撤退してしまった方が賢明ですね。

 

 

 

 

 

 

 

辞めたい理由   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. 通りすがり より:

    ボディメカニクスの指導をしているとはいえ、身体を壊してしまった人を知ってます。
    結局、病院代が実費でかかります。
    職場により、使われ方が違う様ですがキツい仕事だということは変わらないと思います。
    私は介護の仕事は、もっと給料が多くて然るべきだと思うんですよね。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: