介護主任 辛い 辞めたい

介護辞めたい

介護職を辞めたい人に向けた記事と辞めてからどうするのかのブログです

介護主任は辛い!きつくて辞めたくなる理由5選!

読了までの目安時間:約 10分

 

介護施設に訪れる利用者にサービスを施すのは一人ひとりの職員。

 

これらの職員を束ねるのが介護主任の役割です。

 

通常の会社で課長クラスの役割といったところのポジション。

 

ところが介護業界ではこの主任という立ち位置、

 

 

異常なまでに辛いです

 

 

その辛さが故に、引き継ぎもなくいきなり辞める人もいるほど。

 

介護主任の苛酷さを紹介します。

 

 

いきなり任命される猶予のなさ

普通の企業であったり会社であれば、会議やミーティングでの検討を重ね、昇格や役職の辞令が降りるという形が一般的なのかもしれません。

 

 

ところが介護業界では、この役職の任命がある日突然いきなり降ります!

 

 

いきなり施設長に呼び出されたかと思うと、

 

「〇〇君、には来週から介護主任をお願いするから、頼むよ」

 

こんな感じで立ち話をするかの如く突然決定が下ります。

 

理由は簡単で、前任の介護主任が何らかの事情で辞めたから。

 

 

バックレたからです。

 

 

介護業界ではこういった理不尽で非常識な事が、普通に起こるのが日常茶飯事なのです。

 

 

当然の事ながら、こんなとってつけたような役職に突然任命されて、異常な程の辛さを思い知る事になるのです。

 

 

一般社員と給料差がほとんどない

晴れて介護主任に就任。

 

仕事の内容も増え、負担も増すのはわかるが、その分の給料も大きく反映されるはず。

 

と期待に胸をふくらませがちだが、その実情は厳しい。

 

 

大抵の場合、一般介護士と介護主任の給料差は月額で2万程度しかない。

 

 

酷い施設だと5000円しか差がつかないなんてところもあるほど。

 

多少は、夜勤が減るなどの待遇改善?はあるものの、給料差が生じないという事実もやる気を萎えさせ、将来の希望を失う原因にもなります。

 

こういった現状も辞めたい気持ちを加速させます。

 

 

介護士の給料はなぜこうも安い!その3つの根拠を大暴露!

 

介護福祉士で待遇の良い職場を探すには?

 

 

前主任の作ったやり方に大苦労

介護現場で主任との立場になるとある程度の権限があります。

 

一定の舵取りを担わされるため、細かい部分を決定していける。

 

例えば、

 

・前任者は排泄介助に力を入れていた

 

・高齢者の排泄介助を真摯に受け止め、メンタルのケアを重視する教育を行なっていた

 

こんな場合、自分は

 

「いやいや、自分は食事介助にこそ、高齢者の安全の確保とコミュニケーションのツールに最適だ」

 

と考えていると、

 

今までの教育方針から、日課表に至るまで様々な改変を施す必要があり、かなりの苦労を強いられます。

 

人間というものは慣れた事への変更にストレスを感じるので、細部のちょっとした方向転換にも反感を食らってしまいます。

 

職員のメンタルケアも考慮に入れながら、徐々に方向性を決めていくとなると、心理的なストレスも大きくなる。

 

 

勤務表作りも厄介

あれやこれやとシフトの希望を言ってくる職員達。

 

基本的に希望を汲み取ろうとするが、全員分なんてのは到底汲みきれません。

 

これに更に夜勤や、労基なんかを考えて勤務表を作成しているとわけがわからない事に・・・

 

お盆中や正月なんかで、実家に帰省したいとか言い始めるスタッフが出てくると

 

「おまえ、介護職を何だと思ってんだ!」

 

と怒鳴りつけてやりたくなることもしばしば。

 

 

もうホント、

 

「だったらお前が勤務表作れ!」

 

 

と言ってやりたい気持ちで一杯になります。

 

ただまあ、現場からの叩き上げで、自分自身も今の立ち位置を構築したのを考慮すると、一概に無下に扱う事も出来ず葛藤する。

 

人手不足で慢性的に職員が足りていないため、施設の運営と社員の確保の板挟みになり苦しさが増していく・・・。

 

 

スタッフの陰口にウンザリ

介護の世界では、業界を取り巻く環境の変化・法律の改正なので置かれている状況が一変することも頻繁にあります。

 

施設の経営者が突然変わり、施設自体の方針ややり方がいきなり変更されるなんてことも十分起こりえます。

 

それに伴って、主任の指示する事が変わるのも、ある意味当たり前の話。

 

しかしこれに一々小言を言い返してくる職員もいる。

 

 

「以前と言ってることが違う」 

 

「午前中のミーティングで言ってた事とやっている事が全然違う」 

 

 

こんな感じでいちいち目くじらを立てる人多くないですか?

 

そりゃ変わるのは当たり前ですよ。

 

経営者、方針自体が激変してるんだから。

 

 

こっちは、上と下の状況考えてどちらもスムーズに事が運ぶように取り持ってんのに、全く大局観で見てくれない悲しさ。

 

 

公に突っ張ってくるならまだしも、陰でこそこそ悪口をいう人もいます。

 

 

・あの主任はわかったような顔をしているが、何も現場の事を知らない 

 

・いつも忙しそうに振る舞ってるだけ 

 

こんな事を自分の知らないところだが、わざと知れ渡るように言ってるのだからたまりません。

 

 

最後に

介護業界って慢性的に人手不足で、誰でもできる簡単な仕事というイメージが先行しがちです。

 

しかし主任ともなるとその実態は複雑で、

 

 

・スタッフのシフト管理

 

・職員の教育

 

・職員のモチベーション管理

 

・入居者の管理

 

・組織運営全体の管理

 

・時間のマネージメント

 

とやるべきことは多岐に渡ります。

 

よくよく考えてみるとこれって、かなりのビジネス能力であることに気付きます。

 

一般の企業でも管理職レベルになれば普通に求められる能力。

 

例えば、飲食店やアパレル業界でのサービス業での店長能力と比較しても全く引けをとるものではありません。

 

 

介護主任までいったが辛くて辞めたい。

 

 

というのであれば、我慢して継続するのも一つ。

 

ですが、

 

その管理能力を活かした仕事に大きく方向転換するのも、能力を活かした転職という意味で考えるのも一手でしょう。

 

介護職から他業種へ転職するには?

 

 

 

 

 

 

 

役職   コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. h.i より:

    介護主任、2年目ですが仕事していても
    楽しくないです。
    仕事自体は、好きなんですが介護主任の余計な仕事が大嫌いです。
    今、すぐにでも主任を降ろしてほしいです。シフト作り、決断等、面倒な事ばかりやらさる。
    本当に主任を辞めたいです。

    • ビワハヤヒデ より:

      h.i様こんばんはm(._.)m

      私は今年の7月から介護副主任になりました。 5月と6月に介護主任と副主任がバタバタと辞め、私が昇進になりました。

      それで3ヶ月間、立場は副主任ですが、ほぼほぼ介護主任の業務をやってきました(現在、私の職場は介護主任は置かず、副主任2人体制です)

      実は今日、公休なのですが、来月の勤務表作りに一日を割いて、今から職場のパソコンへ入力へ行くって感じです。 で、今日は夕方から給食委員会だったのですが、勤務表作りに夢中で忘れてて、また怒られるww

      勤務表作りが終わったら直ぐに運営委員会の資料作り、 10月6日から来る実習生の担当、11月に有る監査の書類整理、 11月から発足する委員会の振り分け、事故報告書の整理、対策の打ち出し、 11月の行事の計画……… 普段の業務を行いつつ、責任と決断を常に求められ、更に上記の様な事を上乗せされた挙句、給料が下がったのですから、正直、たまったもんじゃないですよ。

      お陰で体重が10k近く落ちました。

      主任業務でアップアップしている私は、h.i様の気持ち、凄く分かります。
      私もこんな事なら引き受けなければ良かったっと毎日後悔しています。 (12月で辞めようかなっと本気で考えてます)

      本当、主任とは程の良い名前の雑用係りですね。

      長文失礼しましたm(._.)m

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: