介護 利用者 トラブル

介護辞めたい

介護職を辞めたい人に向けた記事と辞めてからどうするのかのブログです

介護職でありがちな利用者とのトラブル実例5つ

読了までの目安時間:約 12分

 

介護はサービス業です。

 

サービス業だと思うから、笑顔を作って声も明るく、利用者さん同士が仲良くできるように頑張っているのに、トラブルばかりが起きてしまう。

 

先輩介護職員からは白い目で見られ、利用者さん同士も険悪、自分にも何かと突っかかって来る。

 

もう無理、辞めたい。

 

そう思うことって、ありますよね。

 

 

 

家族がクレーマー

man-742766_640

 

 

ある利用者さんは、車椅子移動ADL全介助だけれども、いつもにこにこしている可愛いお婆ちゃんでした。

 

それなのに、デイサービス施設を転々としていました。

 

 

なぜなら、家族がクレーマーだからです。

 

 

空気の読めないお嫁さんが、一番忙しい昼食時に電話をかけて来て、

 

 

 
明日はでかけるから、朝7時に迎えに来て

 

 

 

というけれども、送迎車の都合もあるし、職員も早出させなきゃならないから、そんな要望は受けたくない。

 

さらに長々と介護のしんどさを訴えて、

 

「失禁したら、汚れた服は持って帰らせないで」

 

と希望を言うけれども、着替えを洗濯してお預かりするサービスなんかやっていないのが普通です。

 

お嫁さんの要望をお断りをする度に、息子さんから長くて大声のクレームの電話がかかってきます。

 

排泄の介助をしたくないというので、摘便をすませて送っていったある日、お嫁さんから「おしっこもすませてきて」と言われました。

 

さすがに介護職員はびっくりして、

 

「それは無理でしょう、おしっこのコントロールは出来ません」

 

と普通に答えて送迎から戻ったら、上司がクレームの電話に30分以上も付き合っているところだった。

 

あとで上司から「態度が悪かったのではないか」と散々怒られる始末。

 

不満を持った介護職員が辞める前に、お婆ちゃんが入院して、デイサービス利用は中止になりました。

 

 

 

女王様な利用者

7848094400_ac3aec9b06_z

 

 

何でも、自分が一番出ないと気が済まない利用者さんがいました。

 

朝の会で話題を振ると、答えてくれるのはいいけれども、他の利用者を「あなた、こんなことも知らないの?」と馬鹿にする

 

自分からは挨拶すらしないのに、他の利用者に「あなた、何か話しなさいよ」と上から目線。

 

あまりにも他の利用者さんに失礼だから、ある介護職員が口頭注意。

 

すると上司や施設長を捕まえて

 

 

 
あの、態度の悪い職員を辞めさせなさい!

 

 

 

と騒いだ上に、理事の自宅に電話をして、長々とクレームをつけました。

 

その介護職員は理事や施設長によってたかって怒られました。

 

彼は、その理不尽な扱いに腹を立てて、その施設を辞めました。

 

あちこちの施設で聞く、ありがちなトラブルです。

 

 

 

妄想でクレーム

うつ病は、思考がまとまらなくて、イライラして落ち着かなくなったり、何でも悪い方に考えてしまいがちです。

 

あるデイサービスの利用者さんに、うつ病に認知症を併発して、職員の一言や動作に過剰に反応しては、被害妄想にとらわれる女性がいました。

 

しかも、その被害妄想は女性職員にだけ抱くのです。

 

たまたま、ターゲットになってしまった女性職員がいました。

 

彼女は、その利用者さんが送迎車の走行中にシートベルトを外して立ち歩くので、

 

「危ないですよ。運転手さんも困りますよ」

 

と注意をしたところ、その利用者さんは

 

「あの職員がわたしを男好きだと侮辱した。男を困らせると言った」

 

と、夫に言いました。

 

デイサービスには、夫からクレームの電話が来て「あの職員を辞めさせろ!」と随分なけんまくで怒鳴られました。

 

本当のことを上司に言っても聞き入れてもらえず、間もなく彼女は退職しました。

 

退職理由は、それだけではないですけどね。

 

 

 

暴力

lion-721836_640

 

 

認知症になって、暴力的になる利用者さんがいます。

 

認知症の介護はキツすぎ!辞めたくなる理由3つを大暴露

 

 

対応の仕方、効果的な薬、さまざまな研究が行われていますが、決定打はありません。

 

介護職も家族も、暴力的な利用者さんの行動に悩みながら介護をしています。

 

例えば、

 

 

・靴下を履かそうとしただけなのに、殴られて眼鏡を壊された職員

 

・車椅子移乗の介助をしていたら噛みつかれた職員

 

・お箸で刺された職員

 

 

 

こんな人達も意外なほど多い。

 

職員達は声掛けも穏やかで、笑顔を作って目線も低く、問題はないのに攻撃をされてショックを受けます。

 

繰り返される暴力行為に対して打つ手はなく、ベテラン介護職員達はトラブルを軽減させるために二人一組で、抑える係と介助をする係に別れてADL介助をしています。

 

そんなバイオレンスな職場に、精神的に耐えられない職員は、間もなく辞めていきます。

 

 

 

訪問したらありえないほどに汚部屋

訪問介護の研修に行った先で、ある研修生が言いました。

 

「靴を履いて上がってもいいですか?」

 

その部屋は、畳が見えない程、黒っぽい何かが床に張り付いて、棚もベッドもほこりまみれ、そのベッドに、垢じみたスウェットを着た男性利用者さんが寝ていました。

 

 

明らかにネグレクト。

 

 

何とかしてあげようと、善意で掃除をしてお菓子を少しあげたら、

 

 

「余計なことをするな!」

 

 

と、家族から怒られました。

 

あとで他の職員から、その利用者さんは、昔、家族同士でトラブルがあったようでした。

 

そのため利用者さんには、家族が依頼した身体介護以外はしてはいけないと言われました。

 

そんな家ばかり続けて回ると、介護職員は心身を消耗します。

 

彼は介護職を離職した後、全く関係の無い業界に勤めています。

 

 

 

いい加減にまともな業界で働きませんか?

介護職でありがちな利用者とのトラブルを挙げました。

 

どれもこれも他業種の人達から見れば、

 

「本当にそんなことあるの!?」

 

といった事ばかり・・・。

 

 

「いやいや、だからこそ介護業界はおもしろいんだよ」

 

 

こういった人はこのまま今の職でいいのかもしれません。

 

しかし、もうこんな業界はウンザリだ・・・。今すぐにでも抜け出したい。

 

そう考えて止まないのであれば、他業種に転職するのが賢明な判断。

 

 

自分には無理だ。介護以外にはどこも行くところがない。そんな悲観的なあなたこそ、転職のプロに相談してみることをおすすめします。

 

 

リクルートエージェント

転職業界の最大手!14万件の圧倒的求人数!全国規模!

転職業界最大手のリクルート。どの業界に転職したいのか決まってない人。今すぐにでも現在の職場を離れたい人、転職のスタートを何からしていいのか分からない人におすすめ!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

DODA

自分の適正がまだ分からない人。じっくり転職活動したい!大手以外も視野にいれたい!

DODAは中小やベンチャーの案件も多数持っています。転職活動に失敗したくない人。長く働ける職場を探したいとお考えの人にはおすすめの転職エージェントです。

DODA

DODA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労働環境   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: