入居者 暴力 辞めたい

介護辞めたい

介護職を辞めたい人に向けた記事と辞めてからどうするのかのブログです

介護で入居者からの暴力で辞めたい人へ

読了までの目安時間:約 7分

 

介護の仕事には様々なリスクがあります。

 

利用しケアを受ける人は何らかの疾患があるため、介護をする人のケアを必要としているのです。

 

しかし、介護を受ける側もする側も同じ人間です。

 

性格や相性の合う合わないはあって当たり前の事なのです。

 

介護職で入居者の暴力について考えます。

 

 

入居者が暴力的になってしまうまで

認知症が進行すると、中核症状と言われるいくつかの症状が現れてきます。

 

主な中核症状として

 

 

・失行(物の使い方が分からない)

 

・失認(知っているはずの事が分からない)

 

・失語(言葉が出てこない運動性と言葉が理解できない感覚性がある)

 

・新しいことが覚えきれない記憶障害

 

・計画を立てたり手順を考えられない実行機能障害

 

・判断が出来ない判断力の低下


そして日時や場所が分からず周りの人と自分の関係などが分からなくなってしまう見当識障害があります。

 

この中核症状からさらにその人が居る環境、その人自身の基本的な性格などが結びついてさらなる問題行動が現れていきその一つに暴力行為があります。

 

介護をする人としてこのように至る経緯は勉強していないわけではありません。

 

しかし実際にその場に立ち会ってしまったときにはかなりの動揺を覚えます

 

実際に経験することで学べることもありますが机上の勉強で理解したつもりでも、現実を目の当たりにして受け入れられないのです。

 

それは介護をする人も人間であるので自分が持つ感情として、あってもおかしいものではありません。

 

 

その気持ちをどう切り替えていくかがプロとしての今後に繋がることなんだ!

 

 

こんな感じで、先輩や上司からは叱咤激励されることも多い。

 

 

しかし、仕事で経験値を積むのと暴力を受けるのとでは全く別次元の話です。

 

 

出来なければできないで他を考えるのもあっていいんじゃないでしょうか?

 

 

入居者の暴力とは

入居者となると、その場所が自分の家であり中には自分がこの家の長であることを信じている人も沢山います。

 

その人たちにとっては、介護者が

 

「これをしてください」

「こうしないとダメですよ」

 

と揶揄することが不快に思えて抑えられず暴力をふるい、訴えていることもあります。

 

しょせん老人、利用者が高齢で力が無いからと大丈夫だろうとは考えてはいけません。

 

 

介護での「だろう」は後々の大事故に繋がることもあります。

 

 

さらに介護者の配慮の怠りは他の利用者へ被害が及ぶ事も考えられます。

 

何気なく過ごしている利用者の周りにはいつでも凶器になるようなものが溢れています。

 

例えば歩行を助けるための一本杖などは振り上げることが出来るので頭などを叩かれることが考えられます。

 

もしそれが、利用者の後頭部にでも当たってしまえば大けがになりかねません。

 

また、湯飲みなどのその人のそばにあって当たり前のものも投げてしまえば凶器へとなってしまいます。

 

最近ではプラスチック製のものへと変わってきてはいますが、全く柔らかいものではないので当たれば危ないことに変わりはありません。

 

日常的に繰り返される暴力に神経を使いさらに被害を受けているとそこに居るのもつらくなってきます。

 

しかも不条理な事に、入居者が暴力を振るってそれを制止したが故にケガをさせてしまった場合、その責任は介護士に降りかかってきます

 

 

介護職で利用者の暴力5選!その責任は介護士なの? 

 

 

気付いていても言えなかったり言っても改善されないのであれば、その行為がなくなるもしくは減ることが考えられません。

 

 

最後に

暴力行為を我慢してまでその施設に居ることが不安に感じてしまう事もあるでしょう。

 

もしアナタの環境が変わらないのであれば何も変わる事はないと割り切るしかなのです。

 

介護が好きで続けたい気持ちがあれば、他の施設を考えてみたりするのも悪いことではありません。

 

上の人が今のままでいいと思っているのならそれまでの施設です。

 

利用者の事を本当に考えている施設であれば利用者はもちろん介護者の事も考えてくれます。

 

いつ他の入居者に被害があるかもしれないような現状をそのままにしている環境は、本当はその入居者に合っていない時もあります。

 

同じような症状の方だけの施設で専門的なケアを受けることで変わることもあるかもしれません。

 

それでも耐えられないと考えてしまう事もあります。

 

やはり、今の施設の体制などに不満があるのなら自分がダメになる前に外へも目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

うざい入居者   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: